東京喰種:re考察【アラタは生きている?生存説が唱えられる】

 

こちらは東京喰種:reネタバレ考察 | 謎を解き明かす部屋

 

SSレート喰種として、前作の東京喰種に登場した喰種、アラタ

 

トーカとアヤトの父親ですが
すでにCCGに捕獲されクインケとして用いられています。

 

そんなアラタに、実はある噂が立っているんです。

 

それが・・
アラタ生存説

 

本来、喰種の赫包をつかってクインケを作るので
クインケにされた喰種は処分されますが
アラタの場合、生きている可能性が示唆されています。

スポンサーリンク

アラタ

アラタ

SSレート喰種で甲赫の赫者。
トーカとアヤトの父親。

 

今では、篠原特等との戦いに敗れ
CCGのクインケとして利用されています。

 

SSレートに甲赫の赫者ということで
相当な実力者であったことが予想されますね。

 

ただ、非常に温厚そうな性格で戦いを好まなそうですが
なぜ赫者になったのかが気になります。

 

カネキと同じで
人を食べることができず
仕方なく共食いをしていたからなのでしょうか?

スポンサーリンク

アラタはまだ生きている!?

 

実は、「アラタはまだ生きているのでは?」
という噂が出回っているんです。

 

というのも、篠原特等・黒磐特等が着ていた
甲赫アラタのクインケですが
最初はプロトタイプだったものが次には完成していましたよね?

 

さらに、篠原・黒磐・亜門と
同じクインケを3つも作り出すなんて
一人の赫包からは有り得ません。

hqdefault-17アラタ2

 

ということは・・
アラタはリゼ同様、培養設備のようなもので生かされ
クインケの実験体として使われているのではないでしょうか?

リゼ培養

 

もし、これが事実なら
CCGも嘉納とやっていることがほぼ同じです。
CCGの闇の部分として今は隠しているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

 

以上、アラタ生存説でした。

 

アラタが生きていたら
アヤトとトーカの父親として
重要人物になる可能性は高い。

 

なんとなくカネキと気が合いそうな感じがしますし
ぜひ登場してほしいキャラですね。

 

 

今は隠された有馬の過去とは!?

16e9de6e86e50f32ad8e9d5689a48562

有馬の過去の謎を解き明かす

 

 

TOPページに戻る

 

 

One Response to “東京喰種:re考察【アラタは生きている?生存説が唱えられる】”

  1. ティン より:

    アラタは生存していないと思いますよ。reのコミックス2巻の真ん中くらいで、瓜江と局長が話しといるところに有馬がやって来て、「アラタの代替媒体の件ですが」と言っていることから、もうアラタは取れない = 死んでいると考える方が自然と思います。

コメントを残す


九 × 7 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ